2019年04月29日

バッハIOC会長への手紙(原文)

 平成から令和に跨って、我国で大々的にしでかしてしまった、
 IOCファミリーによるオリンピック関連登録商標の違法ライセンス
 の問題に、しっかり向き合って、解決に向けて努力して欲しい旨の
 2019年4月21付のOpen Letterを、バッハIOC会長に郵送しました。

 以下の方々をccとさせていただき、昨日(4/28)、
 手紙の写しをレターパックで送らせていただきました。
 ●IOCファミリーを構成するJOC及び組織委員会の竹田会長と森会長;
 ●開催都市である東京都の小池都知事;
 ●本件を国会法務委員会で質疑された小川参議院議員;
 ●パテント誌2017年1月号の「オリンピック・パラリンピックと知財」で、
  編集部のインタビューを受けられた室伏広治スポーツディレクター;
 ●オリンピック関連知財をサポートする日本弁理士会の清水会長;
 ●本件を精力的に取材する東京新聞(特報部・中山記者)。

 先般、国際郵便の追跡サービスが配達完了を連絡してきたので、
 IOCが私の手紙を受理したとして、
 昨日(4/28)から、この手紙を公開していますので、
 オリンピック関連登録商標の違法ライセンスの問題に関心のある方は、
 是非、ご一読下さい。
https://drive.google.com/file/d/1-b762Myg4849WtZ1tm4fDfy_G5fuvVr6/view?usp=sharing

An Open Letter to the International Olympic Committee
QR_Code1556348503.png

 なお、原文は英語で、読むのが難儀かと思われますので、
 明日(4/30)、参考和訳をアップする予定です。

******

 バッハ会長が私の手紙を読んでくれているとよいのですが。
タグ:バッハ会長
posted by Dausuke SHIBA at 16:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 五輪
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185928346
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック