2018年10月28日

特許法等改正説明会2018(H30.10.9)の参加報告

 弁理士会の必修科目ということで、標記の説明会を聴きに、
 東京ビッグサイト(国際会議場)まで出向きました。

 特許庁の近くの霞が関周辺にいくらでも会場がありそうに思いますが、
 10月とは思えない暑さの中、何でこんな遠いところでやるんでしょう、
 と、受付の特許庁の職員の方に愚痴を聞いてもらいながら入場しました
 (職員の方も賛同の表情で頷かれていました)。

 1000人以上は入れそうな広大なホールに、
 弁理士・弁護士・企業担当者が数百人くらいいたように思います。

******

 私の顧客に最も影響のありそうな
 「中小企業等の特許料等の一律半減制度の導入」について、
 特許庁の説明が非常に解り難かったので、
 このブログで注意喚起も兼ねて報告します。

《特許料等の軽減制度とは》

 例えば、今から特許庁に特許出願をすると、
 権利化までに以下の特許庁費用が必要です
 (なお、弁理士に手続を依頼するとさらに弁理士費用が別に必要です)。

●特許出願時: 1万4000円
●審査請求料:13万8000円(請求項の数が5の場合)
●特許料   :19万3300円(請求項の数が5で10年分の場合)

 これらを一度に支払う必要はなく、
 それぞれ1〜3年ほど空けて支払うことになります。

 特許出願料は、中小企業の社長の2回分の飲み代で何とかなりますが、
 審査請求料と特許料は請求項の数が増えると更に増大するので、
 中小企業の社長のポケットマネーで、という訳にはいきません。

 そこで、特許庁は審査請求料と特許料を、中小企業の類型によって、
 1/2減額と2/3減額の2通りの特許料等減免制度を運用しています。

《現状の特許料等の軽減措置の概要》

 特許庁は、中小企業を3類型に分けてそれぞれについて、
 適用資格を定め、結構面倒な資格の証明を要求します。

●類型1(1/2減額):法人税非課税中小企業/中小ベンチャー企業等
●類型2(1/2減額):研究開発型中小企業等
●類型3(2/3減額):中小ベンチャー/小規模企業等

 なお、上記の「類型1〜3」と下記の「類型A〜B」は筆者による仮称です。

《法改正の内容》

 この類型が、以下の2類型になるというのが、法改正の内容です。

■類型A(1/2減額):類型B以外の全ての中小企業
■類型B(2/3減額):中小ベンチャー/小規模企業等

 類型Aの資格証明の手続は簡略化され(どうなるかは検討中)、
 類型Bは、現行の類型3のままです。

 但し、これまでは、類型1及び2に属さず、定額支払っていた中小企業が、
 類型B以外の全中小企業として1/2減額の対象になりますので、
 特許庁の収入が減少します。

 そこで、特許庁は審査請求料を値上げすることを検討しています。

 従って、これまで類型1〜3の制度を利用していた中小企業にとっては、
 値上げされてしまうことになります。

 以上が、筆者が理解した法改正の内容で、
 何となく体のよい値上げ話ではないか、と言う気がしてしまうわけです。

《特許庁の説明》


 今回の説明会で、特許庁はとても解り難い説明をしておりました。

(1)特許庁担当者は、類型1〜3を一律1/2減額の改正すると説明し、
   配布された資料も、そのようにしか取れない説明をしています。

   会場の弁理士先生の「2/3減額制度は残るのか」との質問に対して、
   特許庁担当者は初めて「実は残ります」と回答しており、
   そんな大事なことは最初に話して欲しいものだと思いました。

(2)特許庁担当者は、今回の法改正の趣旨を、
   特許出願数に占める割合が15%に留まる中小企業の出願を
   活性化することを法改正の目的としていると説明し、
   配布された資料もそのように説明しています。

   しかし、類型1〜3に属さない中小企業は、
   特許料等を定額支払う程度には体力がある筈なので、
   これまで出願していなかったところが、
   特許料等が半額になった程度で、俄かに出願をし出すとは、
   到底思えないわけです。

   そうであれば、
   これまで減免制度を受けていた中小企業が値上げ分の費用を負担して
   これまで定額支払って既に出願していた中小企業のために、
   半額で済むようにしてあげているだけになり兼ねないのではないかと、
   危惧するわけです。

******

 ということで、特許庁には、
 中小企業の出願を増大するためであれば、
 中小企業が出願したがらない理由をもう少しきちんと分析し、
 全体的なシステマティックな支援の中で、
 特許料等の減免制度をどのように設計すれば効果的かを、
 真剣に考えて欲しい、というのが、筆者の感想でありました。
posted by Dausuke SHIBA at 16:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 特許
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184794493
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック